東京牧村会各スタッフの活動状況をお知らせします。

2017.12.11(月
来年度初回役員会と今年度の総括

DSCN4847.JPG クリックすると大きくなります






 来年度初回役員会では、今年の総会、懇親会の総括その他の報告や意見交換を纏めていただいた会長、事務局の配布資料にもとづき会議を終了。引続き水月ホテル鴎外荘で忘年会を開き結束を確認しました。

 出来上がった後での一葉、次年度も頑張ってください。






2017.10.13(金
どぶろく飲んで故郷の文化を語る会

dobu4226.jpg クリックすると大きくなります





 恒例の第12回「どぶろくを呑んでふるさとの文化を語る会」が(13日)予定通り御徒町の県人会館2Fホールでおこなわれました。前日の暑さが嘘のような急激な寒さと小雨交じりの天候でしたが今年も大勢の参加者で、ほぼホールが満席のなか、関係郷人会の会長さんのそれぞれ壇上でのわが会の紹介のご挨拶から始まりました。

 お酒好きにはたまりませんねえー







牧村会からも多数参加

dobu4248.jpg クリックすると大きくなります




 いつものふるさとから直送のきのこ類など地産物の手造り料理と松代、牧の美味しいどぶろくとその他の銘酒片手に歓談が進み、今年も三遊亭若圓歌さんの特別出演で爆笑、拍手喝采で一挙に会場が盛り上がりました。
 その後大カラオケ大会と続き、賑やかに声高らかに会場一杯に歌声が響きわたり、皆さんが元気いっぱいに楽しまれて、最後にご婦人方の美声で花は咲くの大合唱で8時30分頃閉会となりました。みなさまご苦労様でした。そして楽しいひと時を有難うございました。






2017.8.7(月)
会報編集作業

DSCN3896.JPG クリックすると大きくなります




 理事各位都内某所に集合

 毎年総会前に会員並びに故郷の皆様にお届けする「東京牧村会会報」の編集作業です。これって結構大変な作業のようですね。でも、年に一度の会報を楽しみにされている方は多いのではないでしょうか。届くのをお待ちしています。






2017.7.17(月)
東京新潟県人会納涼大会

tamaR_01_02.JPG クリックすると大きくなります






ご来賓代表挨拶 米山隆一新潟県知事 祝辞

 東京新潟県人会29年度納涼まつりが7月17日に目白椿山荘で開催され、故郷上越市から土橋副市長がご来賓で出席されました。短時間でしたが懇親させて頂きました。






tamaR_01_01.JPG クリックすると大きくなります





 東京牧村会の出席者右から:前山・小沢・米山進・皆川英治・富岡静子の皆さん






tamaR_01.JPG クリックすると大きくなります





 土橋上越市副市長と東京牧村会出席者と懇親の機会を得る事ができました。左から 鈴木会長  前山事務局長 小澤会計監査 土橋副市長 岡名誉会長





2017.1.26(火)
東京牧村会新年役員会
DSCN1371.jpg クリックすると大きくなります




 新年を飾る毎年恒例の「東京新潟県人会・新年祝賀会」が椿山荘で開催されました。出席総数では概ね860余名で、当牧村会からは、役員を中心に参加され、年間計画をかねた総会とその後の懇親会で盛り上がりました。







2017年も引続き宜しくお願い致します。

2017.1.18(水)
東京牧村会新年役員会
makikai.JPG クリックすると大きくなります








 鈴木新会長を迎え、本年初の東京牧村会新役員会が開かれました。顧問の岡前会長も交え、従来までの経緯から今年度の活動計画について意見交換し大まかな計画が出来上がりました。
 その後ささやかな懇親会に続き、閉会となりました。







2016.10.28(金)
どぶろく飲んで、キノコを食べる会

DSCN0963.JPG クリックすると大きくなります





 年恒例の「第11回どぶろくを呑んできのこを食べてふるふるさとの文化を語る会」が開催されました。(於:新潟県人会2Fホール)注:松代、松之山、牧区、浦川原のほくほく線沿線の郷人会の皆さんが参加、大変な賑わいから会館二階会場はいっぱいになりました。






棚田オーナーの皆様も参加

DSCN0954.JPG クリックすると大きくなります




 この故郷を忍ぶ会は年々好評で今回は定員いっぱいの150名で予約を閉め切らざるを得ませんでした。「どぶろく」は「松代さん」と「牧区」から佐藤健一さん、中川卓夫さんの3銘柄でいつもながら販売も含めてご婦人の方々の沿線から届きとれたての松茸をはじめ新鮮な食材の手料理共々大変好評でした。




2016.9.15 木曜日から4日間 書の彫刻 立体書道展池袋で開催。

 秋山氏の作品「女」
keturo_168.JPG クリックすると大きくなります








 日本の立体書道を主峰されている秋山青桃氏(川上小30年・秋山俊宣)を中心とするグループ展が池袋東口「オレンジハウス」ギャラリーで開催されました。全国からの作品の内、東京以外の地域からでは京都からの出展が目につきました。新幹線でギャラリーに駆けつけられて観展されている方々も見受けられました。

 この作品は秋山氏の今年のメーンになる作品、文字立像「女」です。同会所属の前山氏と



前山正子氏の作品 蘇(よみがえる)
keturo_167.JPG クリックすると大きくなります







 大変女性らしい華やかさに溢れた作品です。その中にも彼女自身の性格が感じられる豪快さと優雅さもにじみ出ています。氏は青桃氏に師事し、すでに10年近くなるのではと思いますが、毎年拝見していて感じる事は、生来の才能からかその作品からは上達の早さが感じ取られます。氏はこの他数点出展されていました。







 秋山青桃氏の作品「溢」(あふれる)
keturo_162.JPG クリックすると大きくなります


 まさに溢れ出んばかりの豪快な作品です。牧村会でもお逢いしますが、温厚で穏やかで笑みを絶やさず、人間的にも素晴らしい方だと感じています。しかし、立体書道に対する情熱は、構想から一旦取り組まれる時は先ず100枚にも及ぶ墨書でくり返し作品の基本を完成し、この書を基にノミと木槌で根気よく作品を形成されるとお聞きしました。現在もその原木を牧村産にこだわり、くり返し木を求めて帰省されています。
 秋山氏も過去の作品コーナーの他、多数の作品を出展されていました。

 ご存知のように、秋山氏は牧村会役員で総務部長 前山氏は事務局を担当されています。          撮影・文 大塚將美

2016.9.12 月曜日

前山事務局担当が牧区を訪問しました。
keturo_128.JPG クリックすると大きくなります




 高橋牧区総合事務所長様に前山事務局担当から今秋の「東京牧村会20周年記念開催」についてのご協力と概ねのスケジュールについてのご報告に参りました。








keturo_114.JPG クリックすると大きくなります



 引き続き前山事務局担当は「牧区振興会事務所」も訪問、同じくご協力ならびにご報告とお願いに参りました。







  撮影 大塚將美

2016.6.23 木曜日

DSCN0074.jpg クリックすると大きくなります





 高橋牧区総合事務所長様が大変おい忙しい中、東京牧村会の役員会にお見えになりました。
 お土産ご持参のうえ、牧区の現状、学校、教育関連、今後のイベントなど、諸資料をもとに縷々ご説明いただき、大変参考になりました。本年、当会の創立20周年記念総会でもあることから、会員向けへの企画やアピールの資料として活かしたく存じております。

ページの先頭へ